会社設立支援サイト

menu

GATEY

【保存版】AdWords入門 第2回 最低限行うべきAdWords基本設定

d34a5ea813893cb010ff0afab62fcd66_s

AdWords広告の概要は把握していただけましたでしょうか。

今度はAdWords広告を始めるにあたって、基本的に行わなければならないことをご紹介致します。

初めに言いますと、以下の設定が必要です。

・Googleアカウント設定
・AdWordsアカウント設定
・キャンペーン作成
・広告の作成
・キーワードの設定
・支払情報の設定

このように並べて書くとやることがたくさんあって、辟易するかもしれませんが一つ一つ順番にクリアしていけば、それほど時間はかかりません。

それでは順を追って説明します。

<Google AdWordsアカウント設定>

アカウントとはAdWordsを利用する為の個別IDです。
こちらが無いとAdWords以前にGoogleのIDも持つことができません。

1.まずは下記にアクセスしてください。

https://adwords.google.co.jp/

2.「今すぐ開始」をクリック

3.次の画面で“メールアドレスを入力”

“国名(日本)”“タイムゾーン(東京)”“通貨(日本円)”を設定

4.「保存して次へ」をクリック

5.名前、現在のメールアドレス、パスワードを作成、パスワードを再入力、生年月日、ロボットによる登録出ないことを証明にチェック、

6.「次のステップ」をクリック

7.登録したメールアドレスにメールが届きますので、そちらをクリックします。

アカウント作成はこれで完了です。

<キャンペーン作成>

次にキャンペーンを作成します。

キャンペーンとは「広告を掲載する為の枠組み」です。

キャンペーンの中で、広告の予算、広告文、クーワード、ターゲットとなるユーザーなどを管理していきます。

こちらもAdWords広告を掲載するためには必須の設定です。

1.「最初のキャンペーンを作成」
2.「キャンペーン名」を入力
 例)「2015年1月」とか「商品名」などご自身で判別しやすいもの
3.「予算」を設定(1日に利用する上限予算。運用上超える場合も、金額に満たない場合もあり)
4.「保存して次へ」

<広告の作成>

つぎに広告の作成です。

1.「広告グループ名」を入力。
広告グループとは運用上区別したい商品やターゲットユーザーなどがある場合に設定しておくと便利です。
たとえば
A広告グループでは全国に配信する広告、
B広告グループでは店舗に近い場所のみ
C広告グループではキャンペーン広告のみ
といったような分け方をして、管理しやすくしていきます。

2.「広告の作成」
AdWords広告は以下の4つの要素で構成されています。
「広告タイトル」半角25文字、全角12文字以内
「広告テキスト1」半角35文字、全角17文字以内
「広告テキスト2」半角35文字、全角17文字以内
「表示URL」半角35文字

広告文の作成には様々な制約がついて回ります。

それを知らないと、広告が審査に通らず配信できないケースも起こり得ます。

最初はあれも、これもとアピールしたくなりますが、まずは広告の表示先ページで、何を見てほしいのか、あるいは何がアピールできるのかをまず考えてください。

そしてそれをシンプルに広告文にしていきます。

「タイトル」には最もアピールしたいこと、商品などを記入します。

「広告テキスト1」と「広告テキスト2」はその商品のメリットや内容、期間など、検索ユーザーが一目見て“クリックしたくなる”テキストを記入します。

URLは広告のリンク先ページのURLを記入します。

<キーワードの設定>

広告文作成が終わったらキーワード設定を行います。

キーワードとは、ユーザーが検索するときに入力するワードのことです。

たとえば「リング」と入力して検索をした場合、「リング」というキーワードを設定していれば、広告が配信される(可能性がある)という仕組みです。

ですので、キーワードとして設定する言葉は、広告する商品やサービスと関連しているワードが好ましいです。

設定方法ですが

1.キーワードを直接枠に入力する
or
右側にでてくるキーワード候補を「追加」する

2.「保存してお支払情報の設定に進む」をクリック

<お支払情報の設定>

広告を配信するためには広告費が必要です。

支払い方法を設定します。

1.請求書先住所の国・地域は「日本」のまま、「次へ進む」
2.住所、会社名(任意)、担当者名。電話番号を入力
3.「続行」をクリック
4.「お支払タイプ」を選択
「自動支払い」:広告がクリックされると請求(後払い)
「手動支払」:請求される前に入金しておく(前払い)

5.「お支払い方法」を選択
「クレジットカード」(自動支払いの場合)
「銀行振り込み」
「コンビニエンスストア払い」

6.「請求書先住所」を入力

以上で「設定」は終わりです。

支払い手続きを完了し、広告の審査が通れば自動的に広告配信されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

リンク